コロナウイルスに有効なおすすめマスク「N95」とは?普通のマスクは効果が無いことが明らかに!

本記事では、厚生労働省などの信頼性の高い情報に基づき、以下の点について、解説していきます。

・普通のマスクはどれくらい効果があるのか?
・コロナウイルスに有効な「N95」マスクについて

家庭用マスクではコロナウイルスを完全に予防できない

マスクは、家庭用マスク、医療用マスク、産業用マスクの3種類があります。

結論から言うと、私たちが使っている家庭用マスクではコロナウイルスを完全に予防する
ことはできないということです。

この事実は、平成20年11月の厚生労働省の専門家会議で明らかになっています。
以下が、専門家会議で結論づけられた家庭用マスク(普通のマスク)の効果です。

不織布製マスクのフィルターに環境中のウイルスを含んだ飛沫がある程度は補足されるが、感染していない健康な人が、不織布製マスクを着用することで飛沫を完全に吸い込まないようにすることは出来ない。よって、席や発熱等の症状のある人に近寄らない(2メートル以内に近づかない)、流行時には人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つ、といった感染予防策を優先して実施することが推奨される

なぜ、普通のマスクはコロナウイルスに完全な効果がないのか?

理由は2つあります。
①ウイルスの方がマスクより小さいから
②マスクの隙間からウイルスが侵入するから

①から解説します。

コロナウイルスの大きさは、空気状態と飛沫状態で違います。
飛沫の場合は、水分や埃もくっついているので空気状態より少し大きいです。
とはいえ、マスクの網目よりかなり小さいんですね。

・マスクの網目の大きさ:10~100μm
・コロナウイルス(空気状態):0.1μm
・コロナウイルス(飛沫状態):5μm以上

見て貰って分るように、コロナウイルスは余裕でマスクを通過してしまいます。

飛沫はある程度、補足することができますが、完全に予防することは不可能です。

また、マスクは完全に密閉することができません。

鼻の上とか口の横とかけっこう隙間ができてしまうと思います。ウイルスの大きさがμmなのに対し、マスクの隙間が1cmとか空いてしまっているので、ガバガバ状態です。

以上、結論は以下の通りです。
普通のマスクは、しないよりした方が感染は防げるが、完全に予防することができない。

そもそも、マスクというのは、健康者ではなく、感染者が飛沫を拡散させないために付けるものなので、過度な期待はしないようにしましょう!

コロナウイルスに有効なマスクは、「N95マスク」

とはいえ、マスクなしでは外を出歩けないという人も多いでしょう。そこで、コロナウイルスに有効なマスクをご紹介します。
先程も言ったように、マスクには家庭用、医療用、産業用がありますが、1番マスクとして感染リスクを防げるのが、医療用マスクです。

具体的には、「N95マスク」というものです。

N95マスクは別名、「防じんマスクDS2」と呼ばれ、、医療従事者が着用するガチのマスクです。画像を見て貰っても、凄そうなのが伝わるかと思います。

N95マスクの効果はどれくらいかというと、0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることが実験で明らかになっています。

・コロナウイルス(空気状態):0.1μm
・コロナウイルス(飛沫状態):5μm以上

なぜ、ここまで高い予防効果があるのか?

一般的なマスクは、隙間を小さくすることでウイルスの侵入を防ぎますが、N95マスクは繊維による静電気でウイルスを吸着するからです。

・密集空間などにこれから行く予定がある方
・コロナウイルス感染を徹底して防ぎたい方

などは、購入されてもいいかと思います。

以下に「N95マスク」のリンクを張っておきます。
N95マスクをAmazonで見る

N95マスクを使用する際の注意点

ただし、N95マスクを使用する際には、以下の点に注意してください。

・サイズを合わせて完全に密着させないと効果がない
・息苦しくなるため、長時間の使用は避ける
・マスクの表面に手を触れない

いくら効果の高いN95マスクといえど、サイズの合わないものを着用して、隙間ができていれば、効果は全くありません。以下の方法で密着性を確認してください。

密着性の確認
手でマスクを完全に覆うようにして息を吐く。その際に周りから息が漏れていないかを確認する。漏れていた場合は、再度漏れがないか確認する。

また、N95マスクは息ぐるしいことにも注意してください。密着性が高いからです。そのため、使用は一時的にするべきです。例えば、電車の中、飛行機の中といった場合です。

最後に、マスクの表面を触らないように注意して下さい。結局、どんなに高性能のマスクといえど、触ってしまったら元も子もありません。マスクは基本的に使い捨てなので、1度使ったものは、すぐに捨てましょう。

まとめ

最後にまとめになります。

  • 普通のマスク(家庭用マスク)は完全な効果は期待できない。その理由は大きく2つ。1つ目は、コロナウイルスがマスクより小さいから。2つ目は。マスクは密閉できないから。
  • コロナウイルスに有効なマスクは「N95マスク」である。
  • N95マスクの使用には以下の3つに注意。①サイズを合わせて密着させる②息苦しくなるため長時間の使用は避ける③マスクの表面は手を触れない