「アベノミクスの現在までの効果と結果」

神楽木邸

あなたは「アベノミクス」この言葉をテレビなどで聞いたことはあると思います。

この政策が行われたことによって私たちにどのような影響を及ぼしたのかを触れていきます。

今後日本はどのようになっていくのでしょうか?

アベノミクスの内容やこれからの展望について触れていきたいと思います。

では、さっそく入って行きます!



アベノミクスの内容とは

2012年12月26日から始まった第二次安倍内閣によって掲げられた経済政策が「アベノミクス」です。

この場の由来は安倍晋三首相の「アベ」と経済学の「エコノミクス」の2つの言葉を掛け合わせたものです。

日本銀行法の改正まで行うことを政策に入れていたので、世界中が日本経済に注目していました。

アベノミクスの狙いをまとめていきます。

・日本経済のデフレ、円高から脱却

・株価を上げて円安にシフトチェンジして日本経済の活性化

このような狙いが上げられます。

実際に上記の内容が実現すれば私たちの生活にも大きく影響してきますし、

生活が楽になる人も大勢出てきます。

「旧3本の矢」と「新3本の矢」

アベノミクスには2つのステージが存在しています。

どちらも詳しく説明していきますね。

「旧3本の矢」とは以下の通りです。

・機動的な財政政策

・大胆な金融政策

・投資を喚起する成長戦略

この3つが上げられています。

「機動的な財政政策」は政府が中心になって経済を変えていきましょうと言うものです。

具体的なところは、公共事業を増やしていき、民間企業に仕事を依頼します。

そうすることで、勤めている人の給料がアップして多くの雇用が生まれたりすることになるので景気が良くなることです。

「大胆な金融緩和」とは、市場に投入することにより、

デフレを脱却しお金の流れを活性化させる金融緩和です。

そもそもデフレの原因となっているのは個人の消費活動の低下によるものになります。

個人がお金を手にすることができれば、消費活動を活発化させることになり、

個人の消費活動が活性化すれば、税収が増えて公共事業に投資できるお金が増えます。

この連鎖によって景気の回復を狙ったものです。

「投資を喚起する成長戦略」とは、規制が厳しくなっている市場に対して規制緩和を行うことで新規企業の参入を受け入れる体制を整えることです。

新規企業を受け入れることで、競争がより一層ましていき新しいサービスや商品が生まれてくることに繋がるので、世界に通用する企業を多く排出するのが狙いです。

次に「新3本の矢」は以下の通りになります。

・希望を生み出す強い経済

・夢を紡ぐ子育て支援

・安心につながる社会保障

上記の3つになります。

詳しく説明していきます。

「希望を生み出す強い経済」とは、都市部と地方での格差の問題を解消するための地方活性化をするという政策です。

目標として、GDPを戦後最大である600兆円を実現することを掲げています。

「夢を紡ぐ子育て支援」は女性にとってはすごく嬉しい制度になっています。

出産前には婚活や不妊治療をして、出産後には子供を預けておける保育所を充実させて、女性が働きやすい環境を作る内容です。

「安心につながる社会保障」はまさしく社会問題である高齢化社会に向き合った政策です。

年配の方が増えているので、介護業界が頭を抱えている状況です。

その状況を変えるため、元気な年配の方には働ける環境を整備し、高齢になっても安心して生活ができるような環境や仕組みを作ることが上がられています。

アベノミクスが日本国民にもたらした恩恵はあるの?

アベノミクスが行われた結果、どのように日本経済は改善されたのでしょうか?

結論から言うと結果は残念ながら、以前と変わらず停滞を続けています。

むしろ、物価だけが上昇する「スタグフレーション」という状態になっていますね。

「スタグフレーション」とは、給料は変わらず、物の値段だけが上がっているということです。

私たちにとっては最悪の状況になっています。

アベノミクスは経済活性化と賃金上昇と物価上昇がほぼ同時に起こることが本来の目的として進められてきました。

しかし、アベノミクス以前に望んだ成果は、課題が多過ぎるせいか出ていないのが事実として挙げられます。

1つずつ解決していき今よりも良い経済が出来上がることを国民は望んでいます!

おわりに

今回はアベノミクスについて触れました。

この施策に対しては思うことは色々ありますが、このまま放置を続ければ日本経済が破綻してしまう可能性も視野に入ってきます。

与党も野党も選挙で掲げた公約を選挙後に、状況が変わったなどと言い訳をして最初から無かったかのように撤回する事態が繰り返されてきました。

アベノミクスに対する不満や不安もそうですが、もしかすると政党から見直していかなければならないのかもしれませんね。

責任を持って全うすることができるのか否か。

ここが大きく問われているような気がします。

少なからず、アベノミクスはこれから日本経済の動向を命運を決めると言っても過言ではないので、一歩一歩進んでいって欲しいですね。

我々日本経済から一秒たりとも目が離せません!