ホリエモンのセンター試験の点数と結果は?東大に合格できるのか?

ホリエモンこと堀江貴文さんが東大合格を狙う企画「ドラゴン堀江」が注目されています。

2019年1月18日、19日に行われるセンター試験ですが、ホリエモンのセンター試験の点数は何点なのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。




ホリエモンのセンター試験の点数と結果

現在、ホリエモンのセンター試験の点数と結果は明らかになっていません。

結果は1/18、19以降に明らかになるので、情報か入り次第、お伝えします。

ホリエモンのセンター試験の実力は?

番組ではホリエモンがセンター模試を受験しています。


番組内で解いたセンター模試の点数結果は以下の通りです。(初受験)

センター模試結果

国語:86/200

数学:16/200

英語:167/200

海外のビジネスで英語を使うこともあり、英語の点数はかなり高いですが、国語、数学に関してはかなり点数が低いです。

やはり、公式や問題の解き方を忘れてることが原因でしょう。東大合格のためには、9割ほどの得点率が欲しいところです。

番組内ではホリエモンがマークシートを埋めなかったことについて講師が言及しています。

講師「埋めないのはビックリ。東大に行くどころかセンターも突破できない」

東大合格は可能か?

ホリエモン曰く「センター試験なんてただの“テクニック”だから。マニュアルどおりやれば絶対取れる。

センター試験が突破できれば、二次試験では34%、つまり3人1人という確率で東大に合格できる。

東大って『ドラゴン桜』にも書いてあるとおり、簡単なんです。みんなが難しいと思ってるから難しそうに見えるだけ」とかなり余裕な感じです。

一方、ひろゆき氏は「堀江さんは努力家なのでがちでやたら受かってしまう。僕は何年やっても受かんないです。

自分の興味の無いことにどれだけ時間を割けるかっていう努力属性があると思っていて、僕はやりたくないことはできない。

でも、堀江さんはゴールがやりたいことであれば、その過程に関しては努力できる人なんですよ。」と東大合格を予想しています。

ひろゆき氏の言うとおり、ホリエモンはポテンシャルだけで言えば、東大合格の力を十分に持っています。

あとは、どれだけ真剣に番組に取り組むかということでしょう。

結果が非常に楽しみですね!