「投資信託のおすすめ口座」人気トップのネット証券会社はどこ?

投資信託を始めるためには、様々な投資信託を販売している証券会社や銀行といった販売会社で口座を開く必要があります。

どの証券会社、銀行を選ぶかによって、投資信託の商品自他のサービスは同じですが、手数料などが全く違います。

今回は、どこで投資信託を買うのが1番お得なのかについてまとめていきます。

投資信託は窓口で買うのは基本NG

投資信託の購入方法は2つの方法があります。

  • 銀行や総合証券の窓口で直接購入する
  • ネット証券から購入する

結論から言うと、窓口で直接購入するのはおすすめできません

理由は3つあります。

  1. 取り扱っている投資信託の数が少ない
    例えば、銀行が扱う投資信託は多くても80本です。これは、1000本以上扱う大手ネット証券と大違いです。
  2. 手数料が高い
    窓口販売の場合、商品説明や宣伝にかかる費用として高く手数料が取られます。
  3. 営業により良くない商品を薦めてくる
    販売ノルマがあるため、担当者が売りたい商品を薦めてくる場合があります。

以上の理由から、窓口での口座開設はお薦めできません。

投資信託を買う場合は、ネット証券から購入するのがベターです!

ネット証券の選び方

人によって、投資の目的、目標金額は違います。

ですので、どのネット証券がお薦めかは、人それぞれです。

自分に相応しいネット証券を選ぶためには、以下の流れを辿っていく必要があります。

  1. 目標を決める(いつまでに、いくら貯めるのか)
  2. 目標利回りを決め、投資信託を選ぶ
  3. 選んだ投資信託を扱っている、ネット証券を選ぶ

ただ、投資信託初心者の方にとって、どのような投資信託を選んだら良いかは難しいです。

ですから、まずは、複数のネット証券口座を開き(口座開設だけなら無料)、色々な商品に少しづつ投資していって、自分に合った商品を見つけていくのが良いでしょう。

そのためには、初心者のためのサービスが充実していて、取扱商品も多い大手ネット証券会社が向いています。

初心者であれば、SBI証券か楽天証券のトップ2社を選んでおけば、間違いありません。

SBI証券

SBI証券はネット証券の中でも最大手の証券会社です。

他のネット証券と比較しても、圧倒的な人気で、口座開設数は440万件と他社を圧倒しています。

また、ネット証券NISA口座数も1位です。NISA口座は一人あたり1つしか持てないので、それだけSBI証券が信用されていることを示しています。

投資信託初心者はとりあえずSBI証券の口座を開いておけば問題ありません。

SBI証券の魅力は、全てのサービスが高品質で総合力が高いことですね

  • 手数料の安さ
  • 取扱商品の多さ
  • ツールの使いやすさ
  • マーケット情報の充実

など全てにおいて業界トップのサービスを提供しています。

楽天証券

楽天証券もSBI証券同様、全てのサービスにおいて高品質です。

SBI証券とのい違いは、楽天証券の操作画面は初心者にかなり分かりやすいように作られています。

直感的に操作方法を理解できるので、安心して取引できます。

他の証券会社の大手としては、GMOクリック証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券がありますが、初心者のうちは、SBI証券か楽天証券のうちの1つをまず口座開設したほうが良いでしょう。