育児のストレスが発散できない方必見!おすすめストレス解消法6選!

1.はじめに

赤ちゃんは可愛くても、育児のストレスに悩むママは少なくありません。

ママだって、好きなことをしたり、お休みをしたいときもあります。

しかしながら、「自分の好きなことなんかできないわ」と言うママも多いのではないかと思います。

そんなママのストレスを少しでも解消できる方法を紹介してきたいと思います。

ストレスに悩むママさんが少しでも楽になりますように、、、

2.好きなものを食べる

最初に紹介するのは、「好きなものを食べる」です。

なんだ、そんなことか、と思う方もいらっしゃると思いますが、特に授乳中のママさんは、母乳に影響を与えるおそれがあると思って、食べるものを制限していると思います。

しかしながら、過度に我慢をすると、それがストレスとなります。

例えば、脂っこいものを食べると、乳腺炎になるといわれています。

しかしながら、たまに好きなケーキを食べても、それが原因で乳腺炎になることはありません。

むしろ、糖分摂取により、セロトニンという物質が生じ、気持ちをリラックスさせることができますよ。

3.涙活

次に紹介するのは、「涙を流す」ことです。

喜怒哀楽の感情の高まりによって流す涙には、様々なストレス物質が含まれているといわれています。

涙を流すことにより、これらを老廃物として排出することができるのです。

そして、泣いた後には、脳内ホルモンの一つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。

このエンドルフィンは、強い鎮静作用があります。

そのため、思い切って泣いてみるのも、ストレス発散の1つとしてお勧めです。

例えば、間違いなく泣けるDVDを見る、などが手っ取り早いかもしれませんね。

4.外の空気を吸う

子育て中のママは、なかなか外に出ることができません。

外に自由に出ることができないのは、妊娠中から続いているのです。

そのため、外の世界から取り残されている、と感じるママもいます。

子供を誰かに預けることができるのであれば、思い切って外に出てみましょう。

外の空気を吸う、外の人と話す、外を歩く。

たったこれだけのことで、ストレスは一気に解消できます。

預けられない場合は、無理のない範囲で、お子さんも連れ立ちましょう。

お子さんにもいい影響があると思います。

5.子供を笑顔にする

ママがストレスを感じていると、お子さんもストレスを感じます。

お子さんからストレスを取り除き、笑顔にできれば、自ずとママのストレスも解消できるのではないでしょうか?

そして、お子さんの笑顔は、何よりの癒しですよね。

6.良かったことを思い出す

記憶の中にある、良かったことを思い出していると、その時に心がタイムスリップすることができます。

良かったことを思い出している間は、辛いことを考えずに済みます。

そうすると、自然とストレスが解消できるのです。

7.ポジティブ思考を心がける

人間は、辛いことがあると、どうしてもネガティブに物事を考えてしまいます。

ネガティブになっていると、いろんなことに不安を感じてしまい、ストレスが溜まります。

そうならないためにも、難しいかもしれませんが、物事をポジティブに捉えることが重要であると考えます。

例えば、赤ちゃんが粗相をした場合、「あらまー、けど、そんなこともできるようになったのね」と言ってみるとかはどうでしょうか?

8.まとめ

ここで紹介したストレス解消法は、以下の通りです。

① 好きなものを食べる

② 涙活

③ 外の空気を吸う

④ 子供を笑顔にする

⑤ 良かったことを思い出す

⑥ ポジティブ思考を心がける

なお、子育て中のママのストレスは、はかり知れません。

ノーストレスは難しいとは思いますが、子育てが少しでも楽しめるような環境を整えることが、子育てママのストレス解消に一番有効な方法であると思います。