koki(コウキ)はブルガリになぜアンバサダーとして起用されたのか?理由は?

キムタクの娘であり、モデルとしてデビューしたkoki(コウキ)さんが世界最年少で高級ジュエリーブランドの「ブルガリ」のアンバサダーに就任しました。

なぜブルガリはコウキをアンバサダーに起用したのでしょうか?

その理由について私なりの考察をお伝えしたいと思います。



コウキ(koki)はなぜブルガリに起用された?

ブルガリはコウキの起用理由について以下のように語っています。

「コウキの豊かな感受性や美意識は、音楽と芸術に造詣の深い家族のもとで育まれました。幼少の頃よりフルートとピアノを学び、現在はその音楽の才能を作曲家として開花させる一方で、トップモデルになるという新たな夢を抱き、そのキャリアを着実に歩んでいます」

「新たな夢の領域に於いてふさわしい自分になるために、真摯に自己と向き合い、たゆまぬ努力を続けるコウキを、ブルガリがファミリーへ迎えることは必然であったといえましょう」

このコメントを読んで、上っ面の文章であると感じた人は私以外にも多くいるでしょう。

 

まだモデルとしての実績は何一つないコウキさんがいきなりこのような大きな仕事を獲得するのは不自然です。

 

例えるなら、野球を始めた少年がいきなりメジャーリーグにスカウトされるようなものです。

 

親の七光りと言われても仕方がないかもしれません。

 

ブルガリの目的はキムタクの娘というブランドを利用して人々に注目してもらうことにあります。

コウキとブルガリの今後について

 

世の中の注目と代償にブランドのイメージダウンを招いたブルガリですが、今後のコウキの活躍次第にかかってるでしょう。

 

ただ、ブルガリがキムタクの娘というだけでコウキさんを起用したとは思えません。実際に彼女を間近で見て何か感じる才能、オーラが漂っていたのかもしれません。

 

コウキさんは、まだまだテレビなどのメディアに露出が少ないので、世間の評価は大きく分かれています。

 

果たして、コウキさんにはブルガリを背負うほどの実力があるのでしょうか?

 

今後の活躍に期待しましょう。