イニエスタはなぜ日本に来た?Jリーグの神戸に移籍した理由とは?

イニエスタ選手がなぜ日本の jリーグのヴィッセル神戸に移籍したのか疑問に思っている方がいるのではないでしょうか?

イニエスタ選手は世界で最も有名なクラブと言っても過言ではないバルセロナで生涯雇用を獲得した選手であり、数々の 称号、名誉をほしいままにしてきました。

なぜ日本に来たのか?

その理由について紹介したいと思います。




イニエスタはなぜ日本に来たのか?

イニエスタ選手はバルセロナを退団する際に、以下のようなコメントを残しています。

「 バルセロナでそのキャリアを終えるには、 常に必要とされ、重要であり続け、レギュラーとしてプレイし、タイトル獲得に貢献できる選手でなくてはならない。」

「そうでない状況でプレイする自分は許せないし、自分、クラブにとっても相応しくない。」

このコメントから分かるように、イニエスタ選手の移籍理由は大きく二つあります。

一つは、体の衰えにより十分なプレイができなくなったことです。

二つ目は、バルセロナへの愛です。

最高のチームで最高の自分でプレイしたいからこそのバルセロナ退団であったと言えるでしょう。

ではなぜ、日本の jリーグ、さらにはヴィッセル神戸に移籍したのでしょうか?

イニエスタの jリーグヴィッセル神戸の移籍理由

ヴィッセル神戸はイニエスタに47億円という超高額の年俸を条件にチーム加入を承諾させています。

この超高額年俸の背景にはイニエスタのワイン事業失敗の噂があります。

無類のワイン好きとして知られるイニエスタですが、ワイン事業に投資していることを知っていますか?

ある報道によれば、イニエスタのワイン経営はうまくいっておらず負債を抱えているといいます。

この負債を払うためにわざわざ jリーグにきたと考える人もいます。

この噂がどれほど信用のあるものかはわかりませんが、それほどまでにイニエスタが jリーグに移籍することは考えられないことなのです。




イニエスタの移籍理由まとめ

 

イニエスタ選手がなぜ日本に来たかをまとめると、以下のようになります。

 

・身体機能の衰え

 

・バルセロナへの愛国心

 

・ワイン事業の負債を返済するため(真相は分からず)

 

他にも移籍理由は多くあるでしょう。

 

例えば、 日本はアジアの中でも優れたサッカー大国であり、近年はプレイヤーの実力も伸びてきています。

 

イニエスタ選手であれば、 当然、プレイするクラブのサッカーの質はチェックしているでしょう。

 

また、 日本の治安や文化は海外から大きく評価されています。

 

以前から日本に興味のあったイニエスタ選手からすれば、日本という憧れの地でサッカーをすることは一つの夢だったのではないでしょうか?

 

ヴィッセル神戸の良さとは?

 

イニエスタ選手の獲得に様々なクラブが動きましたが、最終的に獲得したのはヴィッセル神戸の代表取締役の三木谷浩史氏です。

 

イニエスタ選手はヴィッセル神戸に決めた理由を以下のように語っています。

 

「ヴィッセル神戸に決めた理由は提示されたプロジェクトが非常に興味深かったからだ。私に対して人としてプレイヤーとして信頼を持ってくれたことが大きかった。」

 

このコメントからわかるように、三木谷代表取締役からイニエスタ選手への大きな期待、信頼感が大きく気持ちを動かしたことがわかります。

 

体の衰えを感じていたイニエスタ選手にとって大きな期待を寄せられたことは何よりも嬉しかったのではないでしょうか?