群馬県防災ヘリの墜落の原因は?生存者はいるのか?

大変残念なニュースです。

 

8月10日午前、9人乗りの群馬県防災ヘリが飛行中に消息を絶ち、中之条町の山中で墜落したことが確認されました。

 

報道によれば、防災航空隊員四人と、吾妻消防隊員5人が乗っていたといいます。

 

この記事では、防災ヘリ墜落の原因についてお伝えしていきます。

 




群馬県防災ヘリ墜落の原因は?

 

国土交通省の情報によると、防災ヘリは11日に開通する「群馬県境稜線トレイル」を上空から確認するために飛行していたと言います。

 

ヘリコプターに乗っていたのが、防災隊員であるにもかからわず、起きてしまった今回の事故。

 

墜落現場のホテルで働く社員によれば、 ヘリコプターはかなり低空飛行していたようです。

 

あまりにも低空飛行していたので、ヘリコプターは頭すれすれをかすめて行ったと言います。

 

故意的に操縦者が低空飛行していたとは考えられません。

 

低空飛行せざるを得なかった原因があったのでしょう。

 

可能性として考えられるのは二つあります。

 

一つは、飛行環境悪化により操縦が難しくなったことです。

 

現場付近にいた男性によれば、この日は雲の量がいつも 多かったそうです。

 

このことから、雲の量によって飛行難度が上がったと考えられるでしょう。

 

二つ目は、 ヘリコプターの機体の一部が損傷してしまったことです。

 

いくらベテランパイロットとはいえ、ヘリコプターの操縦が難しくなるのは明白でしょう。




生存者はいるのか?

 

現在わかっているのは、飛行機墜落現場の周辺で、乗員8名が見つかっています。

 

もう一人の所在はわかっていません。

 

8人のうち、二人は死亡が確認されたようです。

 

残りの6人の容態は分かっておりません。

 

ニュースが入り次第この記事を更新したいと思います。