桐谷美玲が細すぎる理由は?拒食症の可能性は?

細すぎることで有名な桐谷美玲さんですが、なぜ彼女はあそこまで痩せているのでしょうか?

桐谷美玲さんの細すぎる理由について見ていきましょう。




桐谷美玲のダイエット法

桐谷さんの体型は身長163cm、体重39kgと超痩せ形体型です。

その秘密の1つに、和食中心の食生活であることが関係しています。

桐谷美玲さんは25歳を過ぎたあたりから、和食が好きになったといいます。Instagramでもアジのたたき、カボチャ、煮物といった料理をたびたび載せています。

また、お肉をたくさん食べることで蛋白質を豊富に摂取しています。

2つ目の秘密は、白湯とスムージーを飲むことです。

桐谷さんは毎朝白湯を飲み、朝食にはグリーンスムージーを飲んでいるそうです。

3つ目の秘密はジムでのトレーニングです。

桐谷さん専属のトレーナーがいるそうで、食事や運動の指導をみっちり受けているみたいです。

これだけ食事、運動に気を遣っていれば、痩せているのは当然ですよね。

ただ、それでも、他の女優さんと比べると明らかに桐谷さんは細すぎますよね。

痩せているのは体質?

遺伝的な要因により痩せていることも考えられます。

桐谷さんは食べることが大好きで、焼きそば、ラーメン、餃子、お好み焼きといったカロリーが高いものも大好きで、「食べない女子にはイラッとする」と公言しているぐらいよく食べます。

なので、拒食症というわけではなく、食べても太らない体なのかもしれません?

食べた料理はどこに消えていくんだろう?(笑)




痩せやすい人の体質とは?

桐谷さんが細いのはやはり体質が関係していそうです。

では、痩せやすい体質とはどうやって作られるのでしょうか?

ポイントは大きく3つあります。

1. 腸内環境が良い状態であること

お腹いっぱいに食べても太らないのは、腸内環境が良いために、毒素、糞の排出がスムーズに行われ、新陳代謝が上がるからです。

桐谷さんの場合は、遺伝的に善玉菌の割合が多く、先天的に腸内環境が良いのかも知れません。

腸内環境はヨーグルトなどの発酵食品を食べることで後天的に変えていくことができるので、痩せたい方はぜひ食べてみましょう。

2. 基礎代謝量が高い

基礎代謝量とは1日当たりに消費するエネルギーの多さのことです。この値が高いほど痩せやすいのですが、桐谷さんはこの値が高い可能性があります。

パット見、筋肉量が少ない桐谷さんですが、基礎代謝量は筋肉量だけで決まるわけではありません。

内臓の健康具合にも大きく左右されます。

普段から健康に気を遣っている桐谷さんは基礎代謝量が高いのでしょう。

3. 姿勢が良くゆがみが少ない体をしている

痩せやすい体を作る上で重要なのは、内臓の位置が正常な場所にあるかです。この位置は、体のゆがみに大きく左右されます。

モデルとして活躍されている桐谷さんは、当然、姿勢矯正を行っており、ゆがみも少ないので、痩せやすい体となっています。

まとめ

桐谷美玲さんが細すぎるということでその原因について解説してきました。

桐谷さんは普段の食生活が充実しており、痩せやすい体を体現しています。

生まれ持っての体質もありますが、彼女の努力によってあの素晴らしい体型は維持されているのですね!