夏が近づくにつれて紫外線量が増え、肌のしみや、たるみ、老け顔などの原因になってしまうことがあります。

そこで、紫外線対策として有効なのは帽子です。

この記事では、紫外線に帽子の効果がどのくらいあるのか説明していきます。



紫外線対策に帽子の効果はどのくらいある?

紫外線対策で有効な手段はいくつかあります。

  • サングラス
  • 日焼け止め
  • UV加工
  • 帽子
  • 日傘

この中でも、特に大事なのは日傘と帽子です。

なぜなら、顔周り全体を紫外線から防ぐことができるからです。

帽子を被ることで、そもそも受ける紫外線量を減らし、さらに日焼け止め等をすることで、紫外線の影響を受けにくくします。

ただ、日傘というのは持ち歩きに不便ですし、人前で使いたくない人も多いので、帽子がおすすめです。

環境省のデータによれば、普通の帽子を被った際に受ける紫外線量は20%減少するとのこと。

このデータはつばの幅が広い帽子を被り、太陽が真上にあるときのデータになります。

つまり、光に当たらないように気をつけても、光の80%は帽子を透過してしまいます。

なので、帽子の効果を最大限に活かすためには以下の2点に注意します。

  • UVカットがされている帽子
  • 透過率の低い色の帽子

紫外線対策に有効なのはUVカット帽子

UVカットの原理
この世の物質は光を吸収します。

ただ、紫外線等の波長の低い光は物質を透過して肌に吸収されてしまいます。

そこで、紫外線の光の吸収に特化した加工をしたのがUVカットになります。

UVカットの施された商品は90%もの紫外線を遮断することが研究で明らかになっています。

現在は帽子にUVカットされているものも多いですから、ぜひ、UVカット帽子を選んでみてください。

帽子でUVを90%カットできるのであれば、残り10%は日焼け止めとサングラスで1%にまで減少させることができます。

太陽の直接光以外にも大気中の散乱した光があるので、日焼け止めなどは必須になります。



さらに紫外線遮断効果を高めたい方は帽子の色に拘ろう!

帽子の色で紫外線効果が変わると聞いたことがある人もいると思います。

極限まで紫外線量を減らすためには黒色の帽子を被るといいでしょう。

黒色は紫外線の吸収率が高く、逆に白色は光を反射させます。

黒色の帽子の欠点は、光の熱も吸収するので帽子内が暑くなることです。

また、デザイン的に気に入らないという方もいると思います。

紫外線対策におすすめの帽子

紫外線対策に効果のある帽子の条件をまとめます。

  • UVカット加工がある(90%遮断)
  • 黒色の帽子(吸収率が高い)
  • つばの広い帽子(直接光を防ぐ)

最後にいくつかおすすめの商品を紹介します。

これらの商品は楽天でもランキングトップに入る商品ですので、かなりオススメです!

 

 

 

この夏は紫外線予防をしっかりして、ぜひ楽しんでくださいね!