トランプ大統領の住居があるトランプタワーで火災が発生しました。

残念なことに一人の被害者が出てしまい、詳しい火災の出火原因は分かっていません。

この記事ではトランプタワー火災の出火原因を調べていいきます。

トランプ大統領のテロ放火の可能性はあるのでしょうか?



トランプタワー火災の出火原因は?

実は、トランプタワーでは2018年1月にも火災があり、一人が重傷を負いました。

このときは、屋上から火災が発生し、出火原因は空調整備の電気系統の故障と判断されました。

今回、火災では出火は50階からあったと報道されています。

トランプタワーは全58階のビルですので、住居区域からの火災と推測されます。

なので、考えられる出火原因は以下の2つだと思われます。

  • タワー住民による意図しない出火
  • トランプ大統領を狙った意図的な放火テロ

トランプタワー火災はトランプ大統領を狙った放火テロ?

トランプ大統領を狙った放火テロという可能性はないと思われます。

当時、大統領はビル不在でしたし、そもそもトランプ氏がトランプタワーに居住していたのは昨年の1月までです。

ですから、放火テロとして狙うには計画的とは言えません。

タワー住民による意図しない出火

ニュースでは詳しい出火原因は分かっていないのですが、50階の局所的な火災ですので、キッチン周りの出火ではないかと推測します。

ただ、犠牲者が出るまで避難が進まなかったのは不思議ですよね。

※被害者の男性は火災現場で見つかったようです。

このことから、男性は出火に気づかず眠っていたのではないかと推測されます。

この男性が起こした火事なのかは分かりませんが、早く出火原因が解明されるといいですね。

大きなタワーマンションでは火災対策(電気系統を減らしたり、燃えにくい素材を利用)をしてるそうですが、完全ではないみたいですね。

タワーマンションに住む場合は避難経路をしっかり確認しておくことが大切になるでしょう。