十三参りとは?

十三参りを聞きなれない方もいらっしゃいますよね。これは全国的な風習ではなく、関西地方で盛んな風習だからかもしれません。

私も東北出身なのでつい最近知りましたが、たいていの皆さんが行う「七五三」などと同じ、子供の成長やこの先の幸せを願う行事の一つだそうです。

その名の通り、13歳になった子供に対して行う行事です。ちなみにここで言う13歳は「数え年」になります。小学校を卒業し、中学校に入学する年齢ですね。

でも、ひと口に十三参りと言っても、何をどう行うのか、どこで行うのかなど、初耳の方にはわかりにくいと思います。そこで少し、十三参りについて調べてみました。



十三参りの意味や目的

古来より日本では、数え年で13歳は心身ともに大人になっていく大切な節目と考えられてきました。実際、中学生になるころはひとりひとりの変化が著しく、グンと大人びてくる時期ですね。

一方で、13年経つということは、生まれ年の干支が初めて回ってきたということであり、人生で最初の「厄年」にもあたります。厄年ですから、お寺に参拝してお祓いを受けるということですね。

お寺の中でも、正式には虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)様から知恵を授けていただき、立派な大人になるため、そして幸福な人生を送ることができるように祈願する、とても重要な通過儀礼とされています。

十三参りの由来や歴史は?

平安時代初め、清和天皇がその地位についたのが13歳だったそうです。

その時、成人の証として勅願法要(ちょくがんほうよう)を京都の嵐山にある法輪寺で催したしたことが由来とされています。

また、虚空蔵菩薩を参拝するようになったのは、空海が19歳の時、虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える修法を行ったところ、記憶力が格段に増したことからと言われています。

十三参りの期間はいつからいつまで?

元々は旧暦の3月13日に参拝していましたが、現代では1日という縛りはなく、3月13日~5月13日の間に参拝するのが一般的となっています。

おすすめ時期は3月下旬頃とされていて、だいたいそのころに行う家庭が多いようです。ちょうど中学入学前と重なるので、成長や幸せを願うにはぴったりですよね。本人にとっても、気持ちを一新するいい機会になりそうです。

十三参りで参拝する神社やお寺はどこが良い?

関西地方で盛んな行事ですが、参拝するお寺は関西まで行かなくても大丈夫なようです。

主な寺院は、関西では先ほども出てきましたが、京都の「法輪寺」、大阪の「大平寺」があります。関東近辺では東京の「浅草寺」、茨城の「虚空蔵堂」、少し離れて福島の「福満虚空蔵菩薩院藏寺」があります。

もし近くに虚空蔵菩薩を祀っている寺院がなくても、普段お参りしている神社や寺院でも大丈夫とのことです。



十三参りの服装はどうすればいい?

参拝の正装は着物です。女の子は、本人の寸法に合わせた、いわゆる「本断ち」の晴れ着を肩上げして着させます。

また、初めてお化粧することで大人の仲間入り、ということにもなりますね。

そして儀礼としては帰宅後にその肩上げした糸をほどくところまでが正式です。

男の子は、羽織袴です。こちらも身が引き締まる、大人の装いですね。

最近は、ちょうど中学入学前ということもあり、新しい制服での参拝も増えているようです。節目の行事のお祓いなので、相応しい装いで行うのが礼儀と考えられています。

女の子なら帯で可愛さ演出も!

先ほど、女の子は振袖というお話をしましたが、着物にはいろいろな帯があり、色や結び方もいろいろありますよね。

身長や顔立ち、体型に合わせて、いろいろな種類の結び方を選べ、その子の雰囲気に合わせて組み合わせられるそうです。

中でもおすすめは、お文庫・ふくら雀です。どちらも華やかですが、ふくら雀だと体型に合わせて調整できるそうですよ。

これでなければということはないそうなので、本人の好みに合わせて楽しめますね。

そう考えると、なんだか成人式のような、13歳ながらに大人に近づいたなぁと、心もちまで変わりそうですね。

まとめ

十三参りについて少し書かせていただきましたが、いかがでしたか?

東北出身の私は、恥ずかしながら最近まで十三参りなるものを聞いたことがありませんでした。

しかしこうしてみると、昔から親は子供のことを考えていろいろな願い事、行事をしてきたのだなと感じました。

いつの世も親の愛情は深く、子供の幸せを願い、健やかに育ってほしいと思っているものなのですね。