大相撲巡業で市長が倒れた際に、救急処置を行った女性が土俵から降りるよう場内放送があったことで問題になりました。

このニュースでなぜ女性は土俵に上がってはいけないのか気になった方も多いと思います。

人の命よりも伝統を重んじる相撲にはどんな歴史、由来があるのでしょうか?

女性が土俵に上がれない理由をみていきましょう。



大相撲で女性が土俵に上がれない訳とは?

日本では古来より神事相撲というものがありました。

子孫繁栄や五穀豊穣を願う目的、また、二者のどちらが勝つかにより翌年の五穀豊穣を占うという意味が相撲にあります。

また、神に感謝する目的もあり、現代まで続いています。

さて、なぜ女性が土俵に上がることを禁止されているかというと、神様が女神様だからです。

女性が土俵に入ると女神様が嫉妬される。

だから、女性は土俵禁止というようになりました。

神様なのに嫉妬するって面白いですよね。

伝統と命のどちらが大事か?

ニュースによれば、土俵に上がった女性は看護師だったといいます。

彼女は市長の心臓マッサージをするという大事な役割を全うしました。

もし、彼女の働きがなければ市長の命は簡単に消えていたでしょう。

もちろん、伝統も大切なのは皆が承知していますが、時と場合を考える必要があったでしょう。

なぜ、行司は女性禁止のアナウンスをしたのでしょうか?

行氏がアナウンスをした理由

行司が「女性は土俵から降りてください」とアナウンスしたことが問題になっていますが、彼女を責めることもできないでしょう。

映像を見ると分かるのですが、土俵にはたくさんの人が集まっていました。

市長の救命措置は男性に任せれば十分だと判断したのかもしれません。

現時点で救助をした女性は看護師と分かっていましすが、現場では分からなかったはずです。

本当の問題は、緊急事態の際のマニュアルがなかったことではないでしょうか?

土俵に医師はいなかったのか?

大相撲に常在医師がいないことも問題でしょう。

一人でも医師がいれば、そもそもこのような問題は起きなかったでしょう。

まとめ

今回の騒動は残念な結果となりましたが、それ程に相撲の伝統は深いのだと実感させられました。

相撲の神様が女で女性に嫉妬するというのはかなり勉強になりましたね。