西内まりやさんが2018年3月で所属事務所との契約が終了になるそうなのですが、その原因が”ビンタ事件”と関係があると話題になっています。

ビンタ事件とは一体、何なのでしょうか?

気になって仕方がないです!

この記事では以下のことをみていきます。

  • ビンタ事件とは何なのか?
  • 西内まりやがビンタをした理由は何なのか?
  • 西内まりやさんは今後芸能界を引退してしまうのか?




ビンタ事件とは何なのか?

ビンタ事件が報じられたのは2017年11月15日発売の週刊文春の記事です。

西内まりやさんは10月初頭に所属事務所の応接室で、関連会社社長を「平手打ち」。さらには「もう我慢できない!」と絶叫し、過呼吸のような状態に陥ったという。

「最近、周囲に『もっと自分の作詞作曲で音楽をやりたい』と漏らしていると聞いていましたが、こういう事態に発展するとは全く想定外でした」と語るのは広告代理店関係者だ。

「CMの打ち合わせでも自分でアイデアを出すなど、彼女は『一緒に仕事をしやすいタイプ』の人でしたよ」とも証言する同関係者は「よほどフラストレーションを溜め込んでいたんでしょう」と指摘する。

いったい何が西内をビンタに走らせたのか?昨年、彼女が登壇したPRイベントに携わった人物は彼女に“ただならぬ雰囲気”を感じていた。

「西内さんとはイベントのリハーサルでお会いしたんですが、話しかけても反応が鈍く、スタッフとの意思疎通にも難があったように見えたんです。睡眠不足か体調が悪いのではと思っていましたが、今思えば、あの時から内面に異変をきたしていたのかもしれません」(PR会社関係者)

引用:アサ芸プラス

これが本当なのかどうか分かりませんが、3月に契約が終了するのは本当のようです。

また、この件に関して弁護士と話を進めているとの情報があるので、ビンタ事件は本当なのでしょう。

西内まりやがビンタした理由

それにしても社長にビンタするって凄いですよね・・・

西内さんにとって相当、我慢できないことがあったんでしょう。

「もう我慢できない!」と絶叫したことからも、ビンタの理由は“仕事関係”なのでしょう。

女性自身の取材がしたレコード関係者によれば、西内まりやさんと所属事務所にはタレント活動の方向性の違いがあったそうです。

歌手活動に専念したがっていた西内まりやさんに対し、女優やタレント活動の仕事に期待していたのが事務所側とのこと。

体調不足だったなどの情報から、仕事の忙しさにも原因がありそうです。

ただ、一般的にタレントは芸能事務所で雇われる立場ですから、仕事を選ぶのはできないですよね。

なので、西内まりやさんのワガママだって考える方もいるみたいですね。

詳しいことは分からないので何とも言えませんが、ビンタしてしまったことは良くなかったでしょう。

西内まりやの今後は芸能界引退?

女性自身が西内まりやさんに直接インタビューした話によれば、引退は考えていないそうです。

所属事務所との今後については弁護士と相談しながら話を進めているそうです。

となると、新たな芸能事務所に所属することになりますよね。

まず、芸能事務所に雇って貰えるかが心配ですよね。

問題になったタレントを雇うのは事務所的にもリスクが高いです。

西内まりやさんは音楽関係で芸能活動を続けていきたいそうですが、需要があるかも分かりません。

女優、モデルとして雇いたいのが事務所側の本音でしょう。

今後も、西内さんにニュースに注目していきたいと思います。