川崎宗則の自律神経の病気とは何?原因は?

アキレス鍵の怪我でリハビリを中だった川崎宗則選手がソフトバンクホークスを退団する意向を示しました。

ソフトバンク側は再契約を望みましたが、川崎宗則選手が野球から距離を置くことを決断したそうです。

退団の理由は自律神経系の病気ということで、この事実を知ったのも私も初めて!

足のリハビリ中に自律神経の病気を患ってしまったらしいんです。

川崎選手が心配ですよね・・・

詳しく明かされていない、川崎宗則選手の自律神経の病気とは一体、何なのでしょうか?また、原因も気になります。




川崎宗則の自律神経の病気とはどんな病気?

自律神経系の病気といえど数多くあります。

自律神経の乱れにより引き起こされる代表的な病気は以下の通りです。

自律神経失調症

・神経性胃炎

・過敏性腸症候群

・メニエール病

・過呼吸症候群

川崎宗則選手の自律神経の病気は以上の5つの病気に該当すると思われるのですが、私の推測では自律神経失調症だと思われます。

川崎選手は「自律神経の病気にもなり、身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。」とコメントしています。

自律神経失調症は人によって様々な症状が出ます。

「身体を動かすのを拒絶する」というコメントから自律神経系の機能がうまく働いていないことが分かりますよね。

また、精神的にうつ状態にいる感じもします。

川崎宗則の自律神経の発症の原因は?

自律神経失調症の原因は環境の変化とストレスです。

川崎選手の場合、突然の怪我やソフトバンクホークスへの移籍といった急激な変化やリハビリによるストレスなどが自律神経の乱れに繋がったのではないでしょうか?

リハビリを昨年の夏から続けていたわけですから、かなりのストレスがあったのだと推測します。

主力選手が戦線離脱するのは非常に歯がゆい思いですからね・・



川崎宗則選手が自律神経の病気は意外だった・・・

私は川崎選手が自律神経の病気と聞いて驚いてしまいました!

川崎選手といえば、ムードメーカ的存在でストレスなんか全く気にしない感じの印象をお持ちですよね。

そこで、詳しく川崎選手の性格を調べてみたのですが、実はかなりネガティブな方だったそうです。

プロ入団後の時に、不安に勝てない地獄の日々で、母親に「死にたい」と漏らしていそうです。

また、アメリカでは言葉の違いから日常生活での対応に苦しみ、怖くて眠れなかったこともあるそうです。

それでも川崎選手がポジティブに振る舞ってきたのは「前に出る」ことを大切にし、怖がらずに挑戦するためだったそうです。

普段から大きな不安と闘いながらあれだけ成績を残してきたと考えると凄いですよね・・・

自律神経の病気は今までのストレスが全部出てしまったのかもしれませんね・・・

今はゆっくり休んで、また明るい姿で帰ってきてください!

ファンも川崎選手の復帰を心から願ってますよ(^^)