滝沢カレンがしゃべくりで蕁麻疹に?肌が赤いのはなぜ?

3月19日に放送されたテレビ番組「しゃべくり007」で滝沢カレンさんの首が蕁麻疹のように赤くなっていたようです。

多くの視聴者が心配だと思うので、滝沢カレンさんの首肌が赤くなってしまった原因を考えてみたいと思います。

ファンの方も心配ですよね!




肌が赤いのは蕁麻疹が原因?

滝沢カレンさんの首肌が赤くなり始めたのは、番組途中からです。

しゃべくりに出演する前、番組前半では赤くなっていませんでした。

発疹には蕁麻疹と湿疹がありますが、蕁麻疹は発症から直ぐに収まるもので、湿疹は数日間程度続きます。

しゃべくり後の滝沢カレンさんの様子を見る限りでは、蕁麻疹だったと推測できます。

次に滝沢カレンさんの蕁麻疹の症状を見ていきましょう!

蕁麻疹の症状とは?

カレンさんの肌は突然赤みを帯びたことから、突発性の蕁麻疹と推測されます。

蕁麻疹発症の原因には、食べ物、感染症、肝臓の病気、暑さ、ストレスなど色々ありますが、原因不明のものは6〜7割もあります。

また、春、夏などの季節の変わり目に発症することもあります。

アトピーの可能性も?

滝沢カレンさんはアトピー持ちである可能性もあります。

アトピーの特徴として、成人の症状は上半身(首など)に出ます。

アトピー発症の原因は遺伝的要素が大きく、両親がアトピー持ちであると子供も8割の確率でアトピーになります。

片親がアトピー持ちの場合、子供は5割の確率でアトピー持ちになります。

ピアスによる金属アレルギーが原因?

しゃべくりの動画を見ると、カレンさんのピアスは首元に触れるほどに長いです。

ピアスによる金属アレルギーが原因で肌が赤くなってしまったのかもしれませんね。

金属アレルギーは金属から溶出する金属イオンが体内のタンパク質と融合し、体にアレルギー反応を起こさせます。

特に接触部周辺でアレルギー反応が出るのが特徴です。

金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロムで、意外にも金、銀は起こしづらいそうです。

パッチテストで検査しても判明しないことも多いそうで、日常的に金属を身に付ける女性は発症しやすいです。

まとめ

滝沢カレンさんの首元の赤みを見て、心配になった方が多いと思います。

インスタグラムやツイッターの様子を見る限り、今は症状がないそうですから安心してください。

肌が赤くなってしまったのは、金属アレルギーや突発性の蕁麻疹で一過性のものだったのかな?と思います。

モデルという仕事上、貴金属を身に付けることが多いですから、今後も心配ですよね。

タレントさんも大変だなーって思います笑