北斗晶の親友テルの死因は?急性心筋梗塞が原因か?

北斗晶さんが数日間にわたってブログを休止していた理由が明らかになりました。

北斗晶のブログ休止理由は?親友Aは誰なの?

今までブログ休止の理由を明かしてこなかった北斗さんですが、実は北斗晶さんの親友であるテルさんという方がお亡くなりになったのが原因のようです。

この記事では、北斗晶さんの親友テルさんの死因について調べていきます。


北斗晶の親友テルの死因は突然死

女性自身によれば北斗晶さんの親友テルさんの死因は突然死と報道されています。

テルさんは45歳とまだお若かったようですよ。

テルさんの死因は突然死ですが、突然死といっても原因は色々あります。

例えば、心臓系の突然死の原因だけでも、急性心筋高梗塞、狭心症、不整脈、心筋疾患、弁膜症、心不全など様々です。

また、脳血管障害や消化器疾患などが原因で急死が誘発されることもあります。

テルさんの突然死の原因は一体、何なのでしょうか?

北斗晶の親友テルの突然死の原因は?

突然死の原因のほとんどは心臓によるもので、突然死の6割以上は心臓病により起きるといわれています。

心臓により起こる突然死を心臓突然死をいうのですが、心臓突然死は症状が起こってから一時間以内で死亡してしまうため瞬間死とも言われています。

心臓突然死で亡くなる方は年間約5万人おり、中でも多いのが急性心筋梗塞です。

心筋梗塞は冠動脈が詰まることで、血液の流れが途絶えてしまう病気です。

テルさんの死因は急性心筋梗塞だけとも断定できません。

テルさんのように45歳頃の女性は女性ホルモンが減少しますので、心臓発作や脳卒中のリスクが拡大するのです。

女性ホルモンであるエストロゲンは動脈硬化を予防する善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を促進させる悪玉コレステロールを減らす作用があります。

ですので、女性ホルモンが減少してしまうと、血液が脳全体を圧迫するくも膜下出血や脳の血管が詰まる脳梗塞になりやすいのです。

さらに、女性の脳卒中や心筋梗塞の初期症状は発見しづらいと言われていて、突然死に繋がってしまうケースが多いです。

例えば、心筋梗塞の初期症状として、背中の痛みや、歯やあごの痛みを感じることが多く、見逃しやすいです。

詳しい事は分かりませんが、テルさんも突然死の兆候を全く掴めなかったのではないかと思います。


北斗晶の親友テルさんの死因まとめ

テルさんの死因について調べてきました。

統計的に推測すると、テルさんの死因は急性心筋梗塞の可能性がかなり高いです。

また、急性心筋梗塞ではないにしても心臓系の突然死の可能性が高いです。(突然死の原因の六割は心臓系の病気)

更にテルさんは45歳の女性ということで、女性ホルモンの減少による突然死も考えられます。

女性ホルモンが減少することで、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールは上昇し、動脈硬化を誘発します。

そして、動脈硬化が原因で脳卒中や心筋梗塞を引き起こします

テルさんは私人ということで詳しい死因は報道されていませんが、詳しい情報が入り次第、記事を更新したいと思います。

PS. 北斗晶さんは毎年健康診断、がん検査を受けていたにも関わらず、わずか一年で5年生存率50%となってしまいました。

北斗さんのがん発見のきっかけと、がん予防法はぜひ知っておいてください。↓

北斗晶の乳がん発見のきっかけは?初期症状の自覚はいつから?