レスリング告発者A,Bは誰?伊調馨パワハラ問題の鍵を握る!?

連日、世間を賑わすレスリング伊調馨選手のパワハラ問題。

初めは、栄監督と協会側と伊調馨選手側の抗争のように見えましたが、ここにきて新しい真相が浮かび上がってきました。

それがコチラのニュース
パワハラ騒動の伊調馨がコメント「告発状」については一切、関わっておりません」

伊調選手は「報道されている中で、『告発状』については一切関わっておりません」と告発状関与を全否定しました。

この発言に驚いた方も多いのではないでしょうか?

ネットでも、

「ちょっとどういうことか良く分からない」

「じゃあ、誰が告発状を出したの?」

「告発状を出したレスリング関係者の目的は何?」

と告発状提出の真相に混乱状態。

そこで、このページでは以下の内容について見ていきたいと思います。

・告発状を提出したレスリング告発者A,Bは誰なのか?

・告発状提出の真相、目的は何なのか?


告発状を提出したレスリング告発者A,Bは誰?

伊調馨選手は「『告発状』については一切関わっておりません」と発言しています。

実際、被害に遭った伊調選手が関与していないのはおかしな話ではないでしょうか?

つまり、パワハラ被害を訴えたのは別の誰かで、それが報道されているレスリング告発者A,Bさんという方になります。

レスリング告発者A,Bの他にどの程度関係者がいるのかは分からないが、彼らは貞友義典さんという代理人弁護士を通じて、告発状を提出しました。

レスリング告発者A,Bとは誰なのでしょうか?

伊調馨選手と接点があり、かつ、パワハラ問題を知っている人間となると、相当限られてきます。

 

・伊調選手の家族

・伊調選手のコーチ(田南部力)

・伊調選手と交流のある選手

・日本レスリング協会の人間

 

ぐらいだと思います。

まず、現コーチである田南部力さんですが、報道では告発状に関わったとは発表されていません。

告発状に関わっていないとは言い切れませんが、報道にあるレスリング関係者A,Bではないと思われます。

そして、伊調選手の家族と、交流のある選手も告発状には関与していないと私は思います。

なぜなら、家族や友達であれば、告発状を発表するに当たり、伊調選手と何かしらの、相談、確認をとるはずだからです

パワハラ問題を公にすれば、伊調選手に精神的苦痛、ストレスがかかることになります。

にも関わらず、本人の了解、確認を得ずに告発状を提出することは普通にありえません。

つまり、レスリング関係者A,Bは日本レスリング協会の人間ではないでしょうか。

※追記

レスリング関係者Aは田南部力コーチ(オリンピックメダリストであり、全日本男子の強化委員の方)と判明
レスリング関係者Bは安達巧氏(元オリンピック日本代表で、某大学のレスリング部の監督)と判明。




告発者A氏は田南部力コーチ(追記)

田南部力コーチは2009年に伊調選手が練習拠点を移したときにコーチとなった人です。告発文の内容によれば、栄監督は田南部さんに対し圧力(伊調選手への指導を止めるよう指示)をかけたと主張しています。

一方、栄監督は田南部コーチへの圧力はなかったと主張。あくまで、男子チームの指導(田南力コーチは全日本男子強化委員会の指導者)を優先するようにとの指示だったと話しています。

告発者B氏は安達巧氏

安達巧氏は現在、GEN SPORTS ACADEMYというフィットネスジムのトレーナーをされている方です。

田南部力コーチと同じ日本体育大学出身の先輩になります。

今回の件で、伊調選手とどのような関係性があるのか謎です。

告発状提出の真相、目的は協会内部の権力争い?

伊調馨選手にパワハラがあったことは恐らく本当です。

それは伊調選手のコメントからも分かります。

「練習……そうですね、自分が求めていけば、練習させてくれるところはたくさんあると思うんですけど、私が(練習に)行ったことで、栄監督による圧力が周りの方にかかるというのはちょっと懸念している部分ではあるので。うーん、『来て欲しい』って言って下さる方はたくさんいるんですけど、『私が行ったらどうなるのかな』って……」

「現役を続けるとなると、栄体制の元でやるしかないので、また色んなことを我慢しながらやっていくとなると……。朝練とか午後練も練習環境がしっかり整わないと、なかなか腹をくくれない部分があります」

もし、パワハラがなければ直ぐに否定するはずですから、何かしらあったのでしょう。

しかし、真に考えなければいけないのは、伊調馨選手のパワハラが協会内部の権力争いに利用された可能性です。

今までの報道をみる限り、伊調選手は積極的にパワハラを訴えようとしていません。

また、「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したいと思っています」と事を起こした当事者の発言ではないですよね。

むしろ、事を大きくされたから仕方がなく説明するしかないというニュアンスに私は感じます。

つまり、伊調選手からすれば、勝手に事を大きくされ迷惑とも考えているのではないでしょうか?

となると、告発状を提出したレスリング関係者黒幕は協会内部の権力闘争に利用した可能性があるのです。

なぜなら、本当に伊調選手のためを思って告発状を提出するのなら伊調選手に確認をとるはずだから。

テレビ番組「トクダネ」の取材によればB氏は「五輪で5連覇できる選手って伊調選手しかいないわけですよね、この東京五輪で。そうなった時に、それをなぜ自ら、協会のそういうパワハラの下でつぶしていいのかと。応援をサポートする意味で告発に踏み切りました」と答えています。

果たしてこの発言は本当なのでしょうか?

※追記
告発文提出の新たな真相が浮上しました。

伊調馨の従兄弟I氏は誰?まさかの告発文提出の黒幕と判明!?

まとめ

レスリン関係者A,Bの真意は今のところ分かりません。

伊調馨選手は「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したいと思っています。」と発言していますから、真相は直ぐに分かると思いますが。

今は、ニュースの続報を待ちましょう。

※追記
日本レスリング協会が伊調選手と栄監督に聞き取り調査をすることが決まりました。