有安杏果がももクロを卒業&芸能界を引退した本当の理由とは?脱退までの期間が短いのはなぜ?




ももクロの緑担当の有安杏果さんが1/15(日)に自身のブログでももクロを卒業&芸能界を引退することを発表しました。

【ももクロ緑卒業】有安杏果って誰?大学はどこ?/彼女の魅力に迫る!

2018.01.16

彼女が卒業&引退を決意した理由については自身のブログで以下のように述べられています。

ありがたい環境でやらせていただきましたが、

子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、

普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました。

これから私は何をするか

具体的には何も決まってません。

逆に何も予定のない日々を

人生で一度くらい過ごしてみたいなと思ってます。

まずは規則正しい生活をして

ゆっくりとした日々を過ごしたいと思います。

今までの22年間で出来なかった普通のことを、少しずついろいろやってみたいです。

そして落ち着いたら、

普通の日常の生活を送りながら

22歳の女の子としての教養や知識をしっかりと身につけられるように励みたいと思います。

出典:有安杏果公式ブログ

ネットでは、有安さんが卒業した本当の理由を
・メンバーと不仲だった
・パニック障害の病気だった
等と騒いでいますが、いつの時代もそうゆう話が好きな人はいるんだなーとなんだか悲しくなってしまいます。

確かに今回の卒業の背景にはそのような理由も少しは関係あるのかもしれません。ただ、多少メンバーとうまくいかなかったり、仕事のプレッシャーに絶えられないといったことはアイドルなら誰にでもあることで、それが1番の理由だったとは考えられないです。

もし、そのような理由だったとしたらももクロをこんなに長く続けられていないだろうし、今回、ももクロが人気絶頂中の中、突然、卒業を決めた理由も説明できません。

「ブログで本音を言うはずがない」という意見ももちろん分かります。多少の不満があったことも確かでしょう。

しかし、”普通の女の子になりたかった”という有安さんの発言は本当だと思います。でなければ、芸能界から離れたりしないと思うんです。

なぜなら、ダンスと歌唱力で定評がある有安さんであればソロという選択肢もあったからです。

有安さんは「歌のうまいアイドルランキング」で2位になったこともありますし、昨年には初のソロライブで横浜アリーナに彼女のファンが一万人を動員しました。

ソロとしても芽が出てこれから!というときに、それでも引退を決めたのはやはり、芸能界という特殊な世界から一旦離れてたいという理由がしっくりくると思います。

芸能生活が彼女の日常だった

有安さんは0歳から芸能活動をしています。つまり、僕達にとって特殊な世界に思える芸能界も彼女にしてみればただの日常。

一般人から見れば羨ましいなーと思う世界も有安さんにとっては当たり前で、逆に普通の生活に憧れていたというのも、納得だと思います。

華やかに見える芸能界ですが、その裏では厳しい競争があり、プレッシャーもありますから、辛いことも多かったのではないでしょうか?

大学を卒業して心境が変わった

フジテレビの情報番組「ノンストップ!」に出演した有安さんは引退理由について以下のように語っています。

「その時にまわりの子たちが大学を卒業して就職しているのを見ていて、私も一人の女性として自立したり、成長するためにももクロを卒業するという選択(をした)」

出典:フジテレビ情報番組「ノンストップ!」、有安杏果

有安さんは昨年に大学を卒業したばかり。

今回、突然、引退を決めたのは大学生活を通して、芸能人ではない有安杏果を感じられたからなのではないでしょうか。

つまり、今まで芸能界を離れてみたいと思い続けてきて、昨年の大学卒業が今回の引退を大きく後押ししたのだと思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です